収納片付けできない!を解決しよう

収納片付け資格でなにを学べるの?住まいを考える上で収納はとても重要なポイントになります。

収納スペースが十分にあるか、収納術を住んでいる人が駆使しているか、そして整理収納の良い習慣があるかといった要素によって部屋の雰囲気はがらりと変わります。また部屋が与える雰囲気によって、その住人の印象もがらりと変わります。

しかし、そうはいっても収納が難しく面倒だと言う人はたくさんいます。「sumaiLAB」が行った調査(http://www.sumai-lab.net/2013/10/3087/)によると、「あなたは収納が得意ですか?」という質問に対して、全体の約63%の人が収納が得意ではないと応えています。

過半数を優に超える人たちが収納に苦手意識を持っている事が明らかです。片付けが大好きとか整理収納が得意だと言う人はそれほど多くないでしょう。

日本の家屋はもともと空間が狭いのが特徴ですが、それでいて日本は色々なものがあふれているので、どうしても収納すべきものが多い傾向があります。

家に頻繁に来客があるという人ならまだしも、時々しか来ないことから基本は家族だけという家庭もあるでしょう。その場合、収納や整理整頓がおざなりになってしまうのは自然です。しかし、収納片づけは選択の問題ではなく、どちらかというとしないといけない事柄です。

なぜなら、収納できないで部屋が散らかっていると損をするからです。まず時間的に損をします。部屋が散らかっていると物が見つかりにくくなります。朝の忙しい時に必要なものを探してあせるという経験をした人も多いでしょう。

心理的にも損をします。散らかった部屋にいると基本はリラックスできません。雑然とした空間にいるとゆとりも生まれにくいです。注意も散漫しやすくなりますので、集中力が落ち生産性も下がります

そのため、こういったデメリットをなくして自分の家をもっとリラックスできる場所、機能性が高い場所にするには、部屋の整理収納を学ぶ必要があります

その点についてこれから触れたいと思いますが、まずは部屋が散らかる理由を先に見てみましょう。

なぜお部屋が散らかるの?

収納片付けが大切なのはなぜ?当たりまえの話ですが、部屋に片づけや整理整頓が必要なのは、部屋が汚れているからです。あるいは物が散乱しているからですが、そうなってしまう理由はなんでしょうか。

理由はたくさんあります。例えばさきほどのアンケートでは、「収納量で考えた時にあなたはどちらのタイプですか?」という質問がありましたが、それに対して「持ち物が多くて片付かない」と回答した人がたくさんいました。これが一つ目の理由です。持っているものが多いと基本的に部屋は散らかる傾向にあります。

もちろん必要があって多くのものを抱えている場合もあるかもしれませんが、特に必要でも使っているわけでもないのに物を抱え込む人はたくさんいます。なんとなく「後でつかうから」とか「なんかもったいないので」といった理由で物を捨てずにためこんでしまう人は大勢います。

それによって、ただでさえ狭い空間が圧迫されてしまいますし、そのうち面倒になって隅っこのほうに重ね置きするようになるでしょう。結果雑然とした空間になってしまいます。

散らかってしまう別の理由は、物の定位置が決まっていない事です。分かりやすい例としてテレビやエアコンのリモコンや新聞などの読み物をあげてみましょう。リモコンをとりあえずその辺に放置してしまうという人はきっと多いでしょう。また雑誌なども読んだらとりあえずその辺に放置という人も多いはずです。

このように何をどこに置くかのルールがないと「なんとなく置き」が多くなって、結果的に行き場を失った物が散乱することになります。部屋が散らかるのとは少し違いますが、物の配置や統一性のなさも雑然とした空間をつくることにつながると言えます。

片付けてはあっても、適した位置におさまっていないためにどうにも収まりが悪かったり、色や形の統一性がないためにごちゃごちゃして見えたりすることがあります。こういう状態では整然としたおしゃれな空間にはなりません。

アンケートの別の質問では、「収納場所で考えた時にあなたはどちらのタイプですか?」という点が聞かれていて、「どこにしまえばいいかわからない」とか「どこにしまったかわからない」という回答が多くありました。

この結果を見ると、適切な配置ができていない人が少なくないことが分かります。

収納片付け資格取得にかかる費用は?

収納片付け資格をとるのにかかる金額と学習期間収納片づけができない理由や、それを学ぶべき理由について見てきました。収納片づけを学んでスキルやノウハウが身につけば部屋は快適になりもっと魅力的になります

したがってこの機会に、収納関連の資格が取れるまでに整理収納を究めること、を目標にすることをオススメします。資格が取れるほどに学ぶことによって、自分の家をもっと改善できるだけでなく、他の人に理想的な空間を提案できるほどになります。では、収納関連のどの資格を目標にしたら良いしょうか。

色々な資格がありますが、2つほどご紹介します。それは日本生活環境支援協会主催の「収納マイスターhttps://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」と日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」です。

これらの資格は、基本的な収納法から依頼者の要望に合った整理収納方法を提案できる能力がある人、また収納に関する知識を活用して自信が臨む理想的な空間をつくりあげることができる人、に認定される資格です。

どちらの資格も取得後は講師活動を行えることを証明するものなので、今話題になっている片づけコンサルタントとしてデビューできるかもしれません。

資格を取るのに必要な費用は、それぞれ税込10,000円です。これは受験費用です。受験資格は特に問われないので、だれでも挑戦して合格すれば取得可能です。

収納片付け資格でお部屋はきれいになる?

収納片付けができると何がいいの?収納片づけ資格を目指して勉強することによって、実にいろいろなノウハウが身に付きます。例えばスペース別やアイテム別の収納のコツが学べます。

同じ家でも押し入れの収納やクローゼットの収納、キッチン収納、リビングルーム収納、玄関収納では少し勝手が違います。それぞれの部屋や物品に応じたアレンジをすることで部屋の機能性を高めることができます。

またアイテム他の収納については、衣類や書籍などそれぞれのカテゴリー別に整理を心がけることでより適切な配置が可能になります。さらに単に物をしまいこむだけでなく、見せる収納を意識することで、部屋をきれいにするだけでなくオシャレにするテクニックも身に付きます。

加えて収納家具を上手に使う事を学ぶことによって、リフォームで高いお金を払わなくても改善することが可能です。このように収納片づけ資格を意識して勉強することで、快適な住まいづくりに必要なコツがいろいろ身に付きくようになっています

収納片付け資格でできるようになること

楽して整理整頓する方法ってある?通信講座でテクニックを学んで資格を取ることによって、いずれそれを副業にできる可能性もあります。最近はテレビなどで収納について話題にした番組を見かけることが少なくないですが、資格を活かして収納術をレクチャーする活動をしたり、ブログを書いたり、電子書籍を出してみたりするのも面白いでしょう。

収納インストラクターとして活動することで、副業で成功できるかもしれません。また収納の技術を仕事としなくても、自分の家や家族の家をより魅力的な空間にすることもできます

収納は独学でいい加減にやればよいわけではありません。プロの業やアイデアを取り込むことで今まで気付かなかった収納の極意が習得できます。それによって、色々なメリットがあります。

まず精神的にゆとりが生まれます。ごちゃごちゃした空間にいると落ち着きませんが、整然とした部屋はリラックスするのに最適です。仕事で帰ってきた時に部屋がすっきりしていれば休まります。

また勉強や仕事をするのにも集中して作業を行う事ができます。よくカフェや図書館などで勉強をする人がいますが、あれは落ち着いたおしゃれな雰囲気だと自然と気持ちもすっきりしてはかどるからでしょう。

収納術を駆使すればそれが自宅でもできるようになります。さらに部屋がすっきりしていることで、他の人からの信頼や評価も高くなります。整理整頓ができる人は責任感があり組織することが上手で、自己管理が出来ている人として映ります

服装や身の回りの所持品と同じように、部屋もそれに属している人の人となりをある程度反映しますから、ここでも収納技術は大切な要素になります。

片付けが長続きするか不安

片付かないお部屋はなにが悪いの?ある人たちは1年に1回とか2回だけ大掃除や片付けをして、ふだんはほとんど整理整頓しないかもしれません。そういうタイプの人の場合はやはり片付けが長続きしません。

1年の節目に思い切って部屋をきれいにしたものの、収納のコツが分からないのでそのままおざなりになってしまいます。片付きが長続きするコツは整理収納を習慣にすることです。毎日あるいは数日に1回定期的に物の配置を元に戻してすっきりさせるように徹底します。

習慣づくことによって、普段からおよそきれいな状態に維持されるので、重い腰をあげて整理整頓ということにはなりません。また繰り返しになりますが、資格を取得することによって収納のコツが分かるようになると、整理収納が楽しくなります

仕方なくやる片付けは長続きしませんが、楽しんでやることで、積極的に動くようになるので、いつまでも部屋をきれいに保てるようになります

資格を学びながら片付ければOK!

苦手な片付けを楽しく行う方法さきほど通信講座を2つほど紹介しましたが、整理収納を通信で学ぶのにはメリットがあります。通信講座ですから、自宅で学習することになるわけですが、自宅で学ぶと言う事はその場で実践しやすいということでもあります。

テキストを勉強したり、専門スタッフに質疑応答をしていろいろなノウハウを学んですぐにその場で活かせば記憶に残りやすいですし、即効性があります。先述したように資格取得までには数カ月の学習期間が一般的に必要ですが、その間も実地訓練をしながらの学習になるのでムダがありません

学習期間=家の快適性をあげる期間というわけです。それぞれの家にはそれぞれの間取りや機能があります。自宅学習だからこそ、自宅により合った応用を考えやすいと言えます。知識だけの学習は中身が伴わ合い事が多いですが、このように知識&実践の組み合わせによって理想的な空間づくりの実力がつきやすくなります

まとめ

収納のイロハについて学ぶことにはたくさんのメリットがあります。時間的にも精神的にもゆとりが生まれ、毎日の生活がより快適になります。また他の人からの評価が高くなりますし、勉強や仕事をするにも集中して行いやすくなります。

部屋が散らかる理由についてもいくつかの要素を学びましたが、通信講座を通していろいろなノウハウを身につけることで、片付け下手から片づけ上手に変身できます

資格を取れば自分の家だけでなく他の人の収納を助けることもできるようになるので、この機会に思い切って収納マスターを目指してみてください。暮らしがさらに豊かになるはずです。

収納マイスターW資格取得講座

片付け上手になれる!整理収納資格まとめ
収納と片付け資格おすすめ情報比較サイト

copyright © 2018 収納片付け資格   All Rights Reserved.