収納片付け資格をとるのにかかる金額と学習期間

収納片付け資格をとるのにかかる金額と学習期間

収納上手になるためには、それなりのコツを学ばないといけません。今まであまり片付けや整理整頓を意識していなかった人であれば特に、片付けのテクニックを学んでそれを習慣づけるのには時間がかかります

片付け資格を取れるようになるまでにかかる費用や期間についてご紹介します。

オススメの収納片づけ資格

まず先にオススメする収納関連の資格を2つほどご紹介します。まずは日本生活環境支援協会主催の「収納マイスターhttps://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」という資格です。

この資格は基本的な収納法を理解し、他の人の希望に沿った整理や収納方法について的確に提案できるレベルにある人に認定されるものです。

資格を取得することによって、自宅やカルチャースクールで講師活動をできるレベルにまでなれるので、取っておきたい資格です。

もう一つの資格は、日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」資格です。この資格は、自分が望む理想的な空間を作り上げるためのノウハウやスキルを有する人に与えられる資格です。

こちらの資格も、他の人に整理術についてアドバイスできるまでのレベルにあることを証明します。

資格にかかる費用

先述した2つの資格にかかる費用ですが、それ自体はさほど高くありません。両方とも税込で10,000円が受験料になっています。ちなみにどちらも2カ月に1回のペースで試験を実施していて、ネットからの申し込みが可能です。

在宅受験なので、気軽に挑戦できるのが良いですし、評価70%以上が合格基準なので、極端に難しくもありません。もし試験に独学で挑戦するのが不安だという人は、対応する通信講座で学習が可能です

対応する通信講座

この2つの資格取得に向けて体系的に学習したいのなら、諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」がオススメです。

この講座では、約2カ月から6カ月ほどで学習をして、収納術に関するひととおりの知識をカバーすることができます。学習後に試験を受けて合格して取得してもいいですし、スペシャル講座であれば試験免除で卒業課題の提出によって資格取得することもできます。

どちらでも都合の良い方を選択できます。費用や細かな内容については公式サイトを参照してください。

まとめ

収納片づけ資格を2つほど紹介しましたが、費用や学習時間をよく計算して、問題なければ積極的に挑戦してみましょう。

対応講座を使うことでスムーズな取得が可能になります。片付けをマスターして、スペース利用の達人を目指しましょう。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.