断捨離と片付け収納のコツ

断捨離と片付け収納のコツ

断捨離という言葉がにわかに話題になっています。断捨離とは整理整頓や片づけにも通じるものがある言葉ですが、家をもっと快適な場所にするためには、いくつかのコツがあります。

断捨離の意味やそれに基づいた片付けのコツについてご紹介します。

断捨離とは?

断捨離というのは造語で、簡単に言えば、いらない物を減らして生活にゆとりをもたらす、というコンセプトを表す言葉です。よく日本人の美徳として「もったいない」という言葉が使われることがあります。

海外にも浸透してきているこの言葉は、とにかく物を捨てずにキープしておくことや、リサイクルすること、すぐに使い捨てしないことなどを意味しています。

これ自体は素晴らしいことですが、行き過ぎてしまうと、物への執着が生まれて身軽で快適な生活にならないというリスクもあります。断捨離という言葉のベースはヨーガと言われていますが、言葉はともかく、不要なものは処分する事は片づけの基本です。

不要なものを処分する事のメリット

使っていない物が家の中にたくさん転がっているという家庭は多いと思いますが、それらを捨てるか売るかなどして自宅から除くことは、生活をもっとシンプルにするのに役立ちます。

使わないのにとっておくと、それが掃除の邪魔になったり、それ自体を清掃するのに時間がかかります。またお金がかかることもあります。

それをなくせばスペースにゆとりが生まれるとともに、管理するものが制限されるので心身共にゆとりがうまれます。

すでにあるものを処分すると同時に、今後ものを溜めこまない事も大事です。せっかく捨てても衝動買いするようでは解決しません。本当に必要かをよく考えて買い物をするなら片づけはグンと楽になります。

片付けにはコツがある

自宅に必要なものだけが残ったなら、今度は他の工夫を行います。例えば分類を考える事です。似た様な種類のものを一つにまとめると、後で探しやすいだけでなく見た目もよくなります。

全てが収納棚や収納スペースにおさまらない時も、分類ごとにきれいに並べれば、「見せる収納」としておしゃれにすら見えることもあります。

このように上手な片づけにはいろいろな要素が関係しています。片付けについてもっと学ぶことによって、生活にハリが出てきます。

まとめ

不要なものを処分して不必要なものを取り込まないというコンセプトは、生活をシンプルにして、本当に大事な事柄に集中するのに役立ちます。これも片づけのコツのひとつですし、分類分けするというのもコツです。

他にも片付けのコツはたくさんあります。最近は諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」のように自宅で気軽に収納術を学ぶ通信講座もあるので、そういうツールも利用しながら生活にゆとりをもたせましょう。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.