家事手伝いの仕事でアピールできる資格かも?

家事手伝いの仕事でアピールできる資格かも?

両親とも共働きという家庭はたくさんありますが、最近は忙しすぎる社会なので、家事が自分たちでは出来ないという人がいます。

そういう場合は家事手伝いの人を雇ったりしますが、家政婦として働きたい側の人が身につけておきたいスキルの一つが収納術です。自己アピールに役立つ資格をご紹介します。

収納資格で家事手伝いのアピール

家事手伝いの中には、料理や選択、掃除などいろいろな仕事が含まれます。どの仕事にしても、それなりの経験や技術が必要になりますが、資格を持っておくと面接時などにアピールすることができます

やはり雇う側としてはノウハウが多い人を雇いたいですから、資格をそのスキルを証明するのに役立ちます。掃除に関しては誰でも出来るようなイメージがあるかもしれませんが、単に掃除が出来るだけでなく、収納術をわきまえている人にやってもらえれば、清潔以上に整然としたリラックスできる家になります。

毎日忙しく働いている人にとっては自宅は安らぎの場です。すっきりした見た目の家になれば快適です。そのため、収納片づけ資格を持っているお手伝いさんは魅力的です。

オススメする収納資格

オススメしたい収納資格を2つほどご紹介します。まずは日本生活環境支援協会主催の「収納マイスター(https://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」資格です。この資格は「部屋が片付けられない」という悩みを適切な整理方法や収納方法によって解決できる人に認定される資格です。

基本的な収納法から、依頼者の要望に合わせた収納法を提案できる能力が証明される資格です。もう一つの資格は日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクター(https://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」という資格です。

こちらは、それぞれの家庭に合った使いやすい収納をして理想的な空間を作れるスキルがある人に認定されるものです。

資格に対応する講座

紹介したこれらの資格は誰でも在宅受験で挑戦が可能です。しかし受験に向けて勉強を個人でやるのも大変でしょうから、通信講座を使うことをオススメします。

例えばSARAというスクールの「収納上手基本コース/プラチナコースhttps://www.saraschool.net/kataduke/storage/)」です。

この講座は上記の2資格に対応していて、学習終了後に試験か卒業課題の提出をすることで資格を取れるようになっています。初心者にも対応しているので、資料請求をして内容を確認してみましょう。

まとめ

収納資格を持っている事は、家事手伝いの仕事をする時にアピールする材料になります。今は忙しい時代なので家政婦さんの仕事の需要もある程度期待できるでしょう。

より有利に仕事を探せるようになるために、資格を取得してみましょう。

収納片付け資格基本・プラチナコース

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.