おしゃれに片付けするためのポイント

おしゃれに片付けするためのポイント

片づけと聞くと、嫌な顔をする人はたくさんいます。そういう人は「片付け=仕方なくやるもの」とか「片付け=清潔にすること」といったイメージだけがあるのかもしれません。

しかし、片づけは単に義務的に、あるいは清潔さのためだけにあるのではありません。片付けの魅力についてお伝えします。

おしゃれな片付けを心がける

意外かもしれませんが、片付けはおしゃれに通じます。片付けるという言葉を少し考えると、「仕事を片付ける」とか「問題を片づける」といったように、物事をしっかり処理する事を伝える言葉です。

そのため、片づけとは単に元ある場所に家の物を配置するという以上に、何かを成し遂げるといった意味合いもあると言えるでしょう。仕事でも問題でも、それを解決すれば経験値があがり達成感もあります。

そういう意味でいうと、片づけとおしゃれとは結びつくものと言えます。物を適切で理想的な位置に配置した結果、それまでよりも家の空間が上質になることがありますが、片付けはこのように家の魅力を引き出す技と言えるでしょう。

おしゃれな片付けのポイント1:見せる収納と隠す収納を使い分ける

家にはいろいろなものが置いてありますが、中には見せない方が良いものと、見せたほうが良いものがあります。例えば衣類などは当然みせない方がよいものです。

よっぽど立派な服でもない限り、通常はクローゼットにしまいます。一方、食器とかグラス、本などは、場合によって見せたほうがいい場合があります

本であれば背表紙だけでなく表紙を見せるように本をあえて一冊配置してみたり、食器であれば横にたてかけたりすることでアクセントが生まれます。

物がまったくないシンプルすぎる家は、少し生活感が薄れて味気ないですが、見せるものをいくつか選ぶことで素敵な空間になります。このように見せるものとみせない物を使い分けることは、おしゃれ収納の一つのパターンです。

おしゃれな片付けのポイント2:おしゃれな収納グッズを使う

収納グッズにはいろいろありますが、中にはおしゃれな雰囲気のグッズも売っています。100均のアイテムなどを使うだけでもいつもと違った空間が生まれます。

間接照明などと組み合わせると、さらにおしゃれ度がアップします。リフォームによって大きな金額をかけなくても、ちょっとした工夫があれば部屋のグレードをアップできます。

まとめ

おしゃれに片付けするには、見せる収納も学ぶ必要があります。また収納グッズを賢く使うことでもオシャレ度が上がります

いずれにしても上手な収納にはコツやテクニックがありますから、通信講座などで学ぶなりしてプロの収納術を学ぶと役立ちます。

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.