楽して整理整頓する方法ってある?

楽して整理整頓する方法ってある?

整理整頓が苦手、あるいはしていない人の中には、「面倒くさい」とか「時間がない」という人が少なくないと思います。

整理整頓は確かに掃除と同じように少し大変だなと思う事がなくはありません。

しかし、いくつかのポイントを押さえることによって、比較的簡単に片づけできてしまうものです。

楽して整理整頓するために第一条件

「楽して」という言い方はともかく、整理整頓があまり面倒にならない方法があります。それは「普段からこまめに片づけをする習慣を身につけること」です。

これは一見、基本的すぎる事のように思えるかもしれませんが、意外に忘れがちな要素です。よく年末などになると、思い立ったように大掃除や整理整頓を始める人がいます。

次の年からは心機一転さわやかですっきりした環境で過ごそうと思ったりするわけですが、気が付いたらまた乱雑になってしまっている、ということは珍しくないはずです。

収納をまとめてやるのは、あまりオススメしません。なぜなら、大規模に収納作業をすることによって、物の分類や置き場所をあまり考えずに、とりあえず雰囲気で配置してしまうことが多いからです。

例えば、1日だけ筋トレをめちゃくちゃ頑張っても、次にするのは1カ月後というのは意味がありません。やはり長くはなくても、定期的な筋トレが必要です。

同じように、片づけも普段からこまめにやることで、常に整然とした空間をキープしやすくなります。また少し動けばいいだけなので楽です。

楽するなら物をなくそう

片づけを楽にする他の方法は、片づけるもの自体を少なくしてしまうことです。どうしても処分できないのであれば仕方ありませんが、要るようで不要なものは、意外にたくさんあります。

まずは「絶対使うもの(使っているもの)」「使う可能性が大のもの」「使うかどうか分からない物」「長い間使っていない物」の4つにカテゴリー分けします。最初の2つは残しますが、使うかどうか分からない物は倉庫や押し入れの奥などしまいます。

長い間使っていない物は、捨てるか売るか譲るかして処分します。このように、物を減らす工夫をすることによって、整理整頓すべきものが少なくなるため、片付けがとても楽になります

収納資格をとってプロを目指そう

片づけが最初は面倒だと思っていても、コツが分かりスキルが身につくと好きになるかもしれません。収納術をネタにした番組も時々見かけますが、収納資格を目指していっそうスキルを磨くことによって、いずれ収納関連の副業を目指すのも可能です。

日本生活環境支援協会主催の「収納マイスターhttps://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」資格や、日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」資格など、取得しやすい資格がいろいろあるので、この機会に片づけに向き合ってみるのも良いでしょう

まとめ

片づけを楽にできたら嬉しいですが、片付けの習慣を身につけたり、不要な物をよく考えてから処分することによって、片づけを楽に感じることは出来ます。

やはり整理整頓は日常作業です。日ごろから行うことで、気持ちの良い部屋づくりを目指しましょう。

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.