苦手な片付けを楽しく行う方法

苦手な片付けを楽しく行う方法

収納が苦手だったり、嫌いだったりという人はたくさんいらっしゃると思います。

確かに片づけは面倒な所がありますし、物がたくさんあると、そもそもどう処理したらいいか分からない、ということもあります。

しかし、苦手な片付けを楽しくする方法があります。その方法を2つほどご紹介します。

苦手な片付けを楽しく行う方法1:収納した場合のメリットを考える

片づけが面倒だと言う人の多くは、おそらく片付けや収納をするメリットをよく分かっていない人だと思います。何のためにするのかよく分からなければ、当然楽しくありません。

あるいは「整理整頓は大事だとは分かっているけど・・」というように、何となく片づけが大事だという意識しかない場合も乗り気はしないでしょう。そのため、メリットが何か復習すると良いです。

家具屋やカフェなどに行って、整然としておしゃれな雰囲気にいると気持ち良いものですが、収納は心理的にリラックスできる空間をつくるのに一役買います

また「そういう空間を持っている人」ということで、家に訪ねてきた人に好印象を持ってもらえることもあります。

さらに探しものやなくし物が少なくなるため、時短にもなります。時間を上手に扱えるゆとりのある人は魅力的です。

収納=メリットのかたまりということを意識すると、やる気が出てくるはずです。

苦手な片付けを楽しく行う方法2:プロのノウハウを学んで効率をあげる

片づけが苦手な人は、ノウハウを知らないという場合が少なくありません。料理もそうですが、方法が分からないといい加減な仕上がりになって、達成感が味わえませんし、それを食べる他の人からも褒めてもらえません

しかし、しっかり方法をマスターして行うと、全く逆の結果になります。とてもうまくいくので自尊心も高まりますし、他の人からも評価されます。

整理整頓の場合もコツやテクニックがあります。それを実践すると、収納は実は楽しいものだと言うことが分かります

整然と並んだ物を見ていると気持ちが良いものですが、収納には人を引き付ける力があります。

プロのノウハウに触れることによって、その魅力がいろいろ発見できるため、収納が楽しくなります。収納で有名な近藤麻理恵さんのように、収納で「ときめく」ようにもなるほどです。

正しい収納を学ぼう

苦手な片付けを楽しくするためにはこれらの要素を意識する必要がありますが、通信講座で本格的な学習をすることによって、収納下手から収納上手になるための第一歩が踏み出せます。

例えば諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座」という講座では、わずか数カ月で収納資格を取得できるまでに、ノウハウやスキルを伸ばすことができます

通信教育であれば自宅で好きな時間を使って学習ができるので楽ですし実践的です。詳しい内容については公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/storage/)を探してください。

まとめ

苦手な片付けを楽しくするための2つのポイントを学びました。整理収納のメリットをよく考え、ノウハウを身につけることによって、片づけの魅力に気づきます。紹介した講座も活用しつつ、この機会に収納デビューを果たしてみたいところです。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.