整理収納インストラクター資格(JIA)

整理収納インストラクター資格(JIA)

84人の人を対象にしたあるアンケートによると、「収納は得意か?」という質問に対して、収納が得意だと応えた人はわずか約26%しかいませんでした。

一方「不得意」とした人は約63%にものぼっています。整理収納は難しいのは確かですが、それを解消する方法や資格をお伝えします。

整理収納が難しいのは何故?

さきほどのアンケートの別の質問では、収納が不得意と応えた人の中で「持ち物が多くて片付かない」と回答している人が目立ちました。物が多いと片付きにくいのは当たり前のことです。

限られた自宅のスペースの中で物だけが増えていってしまうと、自然と収納しきれなくなって最終的には雑然とした部屋が完成することになります。したがって、整理収納を簡単にするにはまず物の量を調整する必要があります

最近はミニマリストとか断捨離といった言葉がよく聞かれますが、不要なものを排除して、要らないものを家に「入れさせない」努力は確かに必要です。

それに加えて、家に残しておくものを適切な位置に適切な方法で配置し、見せる収納と隠す収納をしっかり分けることも必要です。収納上手になるにはテクニックやスキルが求められます。

整理収納資格で快適な住まいづくりをしよう

収納のノウハウを高めてスキルを手に入れるには、資格取得を兼ねて収納の勉強をするのが手っ取り早いです。よくテレビなどで収納コンサルタントが工夫を凝らした収納方法を紹介していることがありますが、プロのテクニックを取り入れると家の収納力があがったり、きれいに見える物の配置が達成できます

ですからプロの収納術をマスターするのを目指して最終的に資格を取得するのを目標にするのは良い事です。例えばオススメ資格の一つに日本インストラクター協会(JIA)主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」があります。

この資格は自分が望む理想的な空間をつくりあげられる人に与えられる資格です。「収納=物をしまいこむ」というコンセプトに限定せずに、インテリアとしてあえて見せる収納術を取り入れることのできる能力がこの資格で証明されます。

資格を活かしていずれ他の人にアドバイスする副業などを目標にすることもできるでしょう。

資格の概要

整理収納インストラクター資格は、特に条件なくだれでもネットから申し込んで受験できる資格です。在宅受験でOKなので気軽に挑戦できます。試験は2カ月に1回ほどの間隔で行われているので機会もたくさんあります。

受験料は税込10,000円です。対応する通信講座もあります。例えばSARAの「収納上手基本コース/プラチナコースhttps://www.saraschool.net/kataduke/storage/)」がその一つです。

自宅で好きな時間に好きなペースで学べるようになっているので、体系的ながら自由な学習がしやすくなっています。

まとめ

整理収納にはコツがあります。プロのテクニックを学ぶことによって、いつもよりもずっと楽に、しかも機能的に整理収納ができるようになります。整理収納インストラクターの資格を目指して、通信講座なども活用しながら学習してみましょう。

技術が身についてきたらいずれ収納術を他の人にもシェアして、場合によっては自宅やカルチャースクールで講師活動をする目標も立てられます。

紹介サイト:https://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/

整理収納インストラクター資格

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.