子どもと一緒に収納片付け資格をとるのもおすすめ

子どもと一緒に収納片付け資格をとるのもおすすめ

子どもには、早いうちから家の仕事の手伝いをさせることがとても重要です。それによって、将来家を離れた時に自立できるように助けることができますし、社会の中で責任感をもって動けるようにもなります。

子どもと一緒に収納について学ぶことも同じです。

子どもに収納を覚えさせるメリット

子どもに整理収納の大切さを覚えてもらう事には、多くのメリットがあります。まず先述したようにそれは独立した時に準備として役立ちます。また家をきれいに保つ事に参加させることによって、子どもが達成感や自尊心を抱きやすくもなります。

すっきりした部屋では、勉強の集中力もアップしますし、不必要にものをなくして余計な出費が発生するリスクも下げられるでしょう。また整理収納力を身につけていることで、おのずと服装なども清潔で好印象になるはずです。

子どもと一緒に取りたい収納片づけ資格

子どもと一緒に、収納のプロフェッショナルを目指すために資格取得を目標にすることもおすすめです。資格を取ることによって、それを活かして、いっそう効率的で見た目の良い家づくりをすることができます。

日本の住宅環境は狭く、スペースが限られています。また子どもたちも、成長につれて色々なものを手にするようになります。そのため、早くから子どもと一緒に収納についてしっかり学ぶことは、いろいろな面で役に立ちます。

オススメ資格の一つは日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」です。

この資格は見せる収納や隠す収納を使い分けられる人、収納に関する知識を活用して自身が望む理想的な空間をつくりあげられる人に認定されるものです。

資格取得のための講座もある

資格の為の勉強をして取得するのも良いですが、勉強の仕方が分からない場合は通信講座などで資格対策をすることも良い方法です。

対応講座としては、諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」やSARAの「収納上手基本コース/プラチナコースhttps://www.saraschool.net/kataduke/storage/)」などがあります。

どちらも自宅学習で初心者でも学びやすい内容になっているので、気軽に家族で挑戦できます。受講料や講座内容の詳細は公式サイトでそれぞれ確認してください。

まとめ

子どもの情操教育やしつけの一環として家の整理収納の手伝いをさせるのは良い事です。また自分自身もノウハウやスキルを伸ばして、いっそう魅力的な家づくりをするために一緒に資格取得を目指す事もおすすめです。

対応講座などもバリエーションがあるので、資料請求するなどして、この機会に収納マスターを目指してみましょう。

収納片付け資格基本・プラチナコース

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.