収納片付けでこれだけいいことがある!

2収納片付けでこれだけいいことがある!

「整理整頓しなさい」と子どものころよく親に言われたという人は大勢いると思います。整理整頓をするのはとても大事なことですが、それは単に部屋が汚く見えないためだけではありません

収納スキルを高めるといろいろいい事が期待できます。気になるその内容についてご紹介します。

収納で期待できるいいこと1:ストレスが減る

何か物を探して半日であったり、一日中であったり、ムダに過ごしたという人はきっと少なくないでしょう。どこに置いたかを忘れて探しまわったとか、色々なものを収納しすぎて紛れて探しにくいなど、収納に関わる問題はよくあるものです。

その探し物が重要なものであったり、価値が高いものであれば、見つからない時の不安やストレスは大きなものとなります。それに対し、収納がしっかりできる人はそういう思いをすることが少ないでしょう。

いつも決まった場所に物を保管するため、すぐに目的のものを手にとれます。また、それぞれの物の視認性が高い収納ができる人は、家にごちゃごちゃしたスペースがありません。

そのため、余計な事に心をわずらわされずに必要な事に思いを集中できるので、ストレスが軽くなります。またすっきりした空間や、静かな空間での作業ははかどるため、作業の質も上がります。

収納で期待できるいいこと2:生産性があがる

「タイムイズマネー」とよく言われますが、先述の通り余計な探し物に時間を奪われると、その分生産性が落ちます。家事をしているときは、それが進みませんし、仕事の時間も削られてしまうかもしれません。

見つからない事が心配していれば、作業スピードも遅くなったり中断してしまいます。このような生産性の低下は経済的な意味でも問題です。

例えば自営業をしている人なら、サラリーマンのように強制的に職場にいることが求められないので、仕事が中断してしまうかもしれません。しかし、収納のテクニックを覚えてしまうと、To Doリスト通りに効率よく動けるので、最終的に経済的なメリットが大きいです。

収納で期待できるいいこと3:人からの信頼が高くなる

誰かの家に訪ねた時、その家が乱雑で汚かったとしたら、その人の印象は悪化してしまうものです。逆にすっきりした家や空間があると、その人が責任感がある人や物事を組織できる人に見えます

同じ事はその人の職場のデスクについても言えます。このようにある人の居住空間や職場スペースは、その人の印象に深く関わりがあります。

そのため、収納をしっかり覚えることで、人からの印象が良くなる効果もあります。「できる人」と思われたいのであれば、収納の技術は欠かせないでしょう。

まとめ

収納を覚えて実践するといろいろな良い影響があります。経済的にも心理的にも生産性でも生活の質が向上しますし、人から良い評価を受けられるでしょう。

それを踏まえ、収納について一度本格的に勉強してみてはいかがでしょうか。

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.