収納片付けができると何がいいの?

収納片付けができると何がいいの?

「収納上手」とか「収納のプロ」と呼ばれるような人たちがテレビで収納術を披露してるのを見かけることがあります。

物がたくさんあるとどうしても家が散らかってしまいがちですが、収納を覚えるとたくさんのメリットが出てきます。収納の魅力についてお伝えします。

収納のメリット1:見た目がすっきりして他の人を呼びやすい

収納とは読んで字のごとく、物品を所定の場所や理想的な置き場所にちゃんと整理して保管する事です。例えば洋服ならクローゼットにしまいますが、食器は食器棚にしまいます。

もし家の収納スペースが十分にあって、そこに保管すべき品物もそれほど多くなければ問題なくそれらの品物がおさまってくれます。でもちょっと長かったり大きなものがあるとスペースに入りきらずに外にあふれてしまいます。

そこで役立つのが収納術です。家に備えつきの収納スペースが十分でなくても、工夫して収納スペースを延長したり、あまり目立たない所に保管することで家全体をすっきりできます。

収納術を知っている人と知らない人の家には大きな違いがあります。すっきりした家なら友人たちも招きやすくなります。

収納のメリット2:物の管理が簡単になる

買い物に行って、家にあるものを間違えてまた買ってきてしまったという経験をした人は少なくないと思います。これは、収納ができていないと物の管理がしにくいという例のひとつです。しかし逆に、服であれ、台所用品であれ、清掃用品であれ、収納がしっかりできる人は、何がどこにどれくらいあるのかをちゃんと把握できます

それによって無駄な買い物をしませんし、物を探すのに時間もかかりません。そのため、時短にも節約にもなります。目当ての物が見つからなくていらいらするのはイヤなものですから、そのためにも収納術を覚えることにはメリットがあります。

収納術を学んで資格を取ろう

このように収納術を学んで実践すると様々なメリットがあります。部屋がすっきりしていれば気持ちもよくリラックスできるようになりますし、物の管理が行き届くことで生活の質は上がります

ですから積極的に上手な収納方法について学びたいところですが、収納の学習をするなら収納資格を取得するのがオススメです。資格取得のために勉強して取得すれば日々の生活で使えるノウハウやスキルが習得できる他に、他の人にアドバイスできるまでに上達します。

整理収納のスペシャリストとして仕事をする人もいますが、将来的に副業を目指しても良いでしょう。日本生活環境支援協会の「収納マイスター」のように比較的取得しやすい資格もあるので、一度公式サイト(https://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)をのぞいてみても良いでしょう。

まとめ

収納を覚えるのにはメリットがあります。どれも実利的なので、収納について一度本格的に学んでみる事をオススメします。部屋がすっきりすれば気持ちにもゆとりがうまれます。

資格の取得も目標にしながら、少しずつ収納スペシャリストを目指してみましょう。

収納マイスター

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.