毎日コツコツしなくてもきれいに片付く方法

毎日コツコツしなくてもきれいに片付く方法

整理整頓は、毎日定期的に少しずつ行うことで、カンタンに済ませられるようになります。1回にまとめてやるよりも、コンスタントに習慣づけるほうが楽なのです。

ただ中には、毎日ではなく、もっと少ない頻度で片付けられるようにしたい人もいます。そんな人のために、片付けの頻度を少なくするコツをお伝えします。

物を置く場所を考える

片づけ頻度を少なくする良い方法の一つは、物を置く場所を考えることです。部屋がすっきりして見えない問題の一つは、物が散乱することにあります。

テレビのリモコンがないとか家のカギが見当たらない、手袋がない、洗剤がどこにあるか分からない、といった「ないない」問題は、定位置を決めないことから生じます

そのため、必ず「○○はここに置く」という決まりを徹底するようにしましょう。そこから取りだして使う場合は、使用後に必ず戻します。

それによって、毎日コツコツ片付けをしなくても、物がすっきり置いてある状態になるため、片づけのストレスがありません。

担当を決める

家族と住んでいる場合は、その分、家に保管してあるものも多くなります。それを一人で片付けるのは簡単ではありません。そのため、家族の成員ごとに担当を決めて片づけしてもらうと楽になります。

子どもは風呂場とトイレ、親は居間と寝室、というように分けるようにします。それによって、毎日忙しく片づけに追われることがないですし、子どもの教育としても役立ちます

本格的に収納を学びたいなら通信講座が便利

収納のコツやテクニックを学ぶと毎日リラックスして家で過ごせますし、片付けそのものが楽しくなってきます。そのため、通信講座を利用して収納術をもっと体系的に学ぶのがオススメです。

例えば、諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」という講座は、初心者に対応していますが、プロの監修のテキストを使用します。

学習期間が2カ月から6カ月くらいで、最終的に収納関連の資格を2つ取得できるようになります。分からない事があった時は、何度でも質疑応答で対応してもらえるので、まずは資料請求をしてみてください。

まとめ

毎日忙しく片づけなくても、置き場所を決めたり、担当を決めることで整理整頓が楽になります。収納術を学ぶことで、もっといろいろな工夫をして家を快適に変えられます

便利な通信講座も提供されているので、この機会に収納マイスターを目指してみると良いでしょう。講座の費用は詳しい学習内容は公式サイトを参照すると分かりやすいです。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.