収納片付け資格でなにを学べるの?

収納片付け資格でなにを学べるの?

収納片づけの資格にはいろいろな種類がありますが、収納資格を取ることによって、具体的にどんなことが学べるのか気になっている人も多いと思います。

収納資格はぜひ目指したい資格ですが、どんなノウハウが身に付くのか詳細をまとめてみたいと思います。

収納片づけ資格のオススメ

収納資格がいろいろある中で、比較的取得しやすいとしてオススメなのが日本生活環境支援協会主催の「収納マイスターhttps://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」資格と日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」資格です。

前者は、部屋が片付けられない悩みを整理方法や収納方法によって解決できる、収納の達人であることを証明するものです。また後者はそれぞれの家庭に合わせた使い勝手の良い収納や空間を作る事の出来る人に証明される資格です。

収納マイスターで学べること

収納マイスター資格で問われるスキルを具体的に見てみましょう。

まず必要な物だけ収納する事、毎日使いやすい場所に収納すること、使う場所の近くに収納する事、頻度を考える事、見せる収納と隠す収納について、収納の種類や棚収納、引き出し収納、つり下げ収納について、スペースの測り方について、ワークフロー、いるものといらない物の整理、捨てる以外の処分方法、スペース別の収納など多岐にわたった要素を学べます。

同じ家のスペースでも場所によって機能が違いますし雰囲気も変えたいですから、スペース別の収納方法を学べる事は、かなり役立ちます。

整理収納インストラクターで学べる事

次に整理収納インストラクターで学べる事ですが、こちらではアイテム別の収納を学べます。衣類や靴、本・雑誌・新聞嚢収納、手紙やはがきの収納、収納家具、オーダーメイド収納家具、間取りと収納、ライフスタイルと収納、見せる収納などについて学べます。この資格も先述の収納マイスター資格も、税込1万円で受験することが可能です。

在宅受験でOKなので誰でも気軽にチャレンジできるのが魅力です。ちなみに両方の講座に同時に対応した通信講座もあるので、こちらを利用するとスムーズに資格取得が可能です。

対応講座としては諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」などがあります。

まとめ

収納資格はいろいろありますが、紹介した2つの資格はどちらも整理収納に関係する要素をたくさん学べる資格です。収納の世界は奥深く、コツを知っていると知っていないとでは大きな差がうまれます

資格を目標に通信講座も受講し、収納について学ぶことによって、今の住まいをもっと機能的に快適にすることができます。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.