収納にかける費用相場

収納にかける費用相場

家にもともとある収納だけでは物足りないという人はたくさんいます。もっと物の収納スペースを考えれば良かったという人もいます。

収納は家を決めるうえで大事な要素のひとつですが、収納をプラスアルファで用意する時に必要な費用はどれくらいでしょうか。

収納をリフォームする場合

いっそのこと収納スペースをリフォームしてしまおうという人もいらっしゃると思いますが、リフォームする場合はやはり、それなりの費用が必要になってきます。

例えば奥のスペースまでしっかり使いたい人には、扉タイプの収納よりも引き出しタイプの収納の方が便利ですが、今の家が扉タイプであれば、変更するのに20万円前後必要となります。

また床下スペースを確保するためには10万円前後かかってきます。吊るすタイプの戸棚をつける方法もありますが、5万円から10万円ほどは見込んだほうが良いでしょう。

収納のテクニックを覚えて費用を節約しよう

リフォームする場合は、どちらかというと収納スペースそのものを拡大することになりますが、この方法は収納上手になるのに良いかというと必ずしもそうではありません

収納スペースが拡がっても、結局片づけや整理整頓が下手な人はスペースを有効利用できないからです。物が増えてくればさらにまた収納が必要になることもあります。ですからすぐにリフォームせずに収納のテクニックを覚えるのが先です。

最近は100均にあるグッズを使って、スペースを工夫して生み出すのが流行っています。100均であれば安価に収納力をあげられます

また冷蔵庫横などにちょっとしたスペースがあれば、スリムなタワータイプのボックス収納を導入してもいいです。これもせいぜい数千円程度に収まるでしょう。

収納力アップ=持ち物を減らす

持っているものをどうにか保管しようとする前に、持っているものそのものを減らすことを考えるのも収納のコツです。例えて言えば、収入を増やすことだけ考えるのではなく、支出を減らすことを考えることで、お金の余裕を生むようなものです。

家の中を見回せば、全然使っていない物がけっこう見つかるでしょう。それらのためにスペースが殺されているのなら、まずは処分することから始めましょう。

それによって、高い費用をかけて収納を拡大しなくても、充分な空きスペースが生まれるかもしれません。

まとめ

収納スペースをリフォームで拡げるとなると数万円かかってしまいます。でも100均グッズなどを使って一工夫をすれば安価に収納力をアップできます。

また、不要な物を処分することで、費用をかけずに収納力アップも可能です。賢く物を購入したり管理すれば、収納の達人に一歩近づけます。

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.