倉庫やガレージの片付け方法

倉庫やガレージの片付け方法

自宅、あるいは職場の倉庫やガレージを片づけるのは一苦労です。やはり、物が多く保管されているため、うっかりしていると物が溢れかえって汚らしくなってしまいます。

倉庫やガレージなど、物が多いスペースの効果的な片付け方法についてご紹介します。

倉庫やガレージの片付け方法1: 保管されているものの把握

片づけを難しくさせる要因の一つは、何を持っているのかが分からないということです。

どの場所に何がどれくらい保管されているのかが把握できていないと、同じようなものをまた買ってしまったりして物がだんだん増えていき、最終的に段ボールの山になってしまいます。

そのため、まずは持っている物の把握から片付けを始めましょう。段ボールに入っている場合、一度出して分類します。似た様なものがかぶっていることに気づくかもしれません。同じものがあるときは、何かしらの方法で処分して保管量を少なくしましょう。

倉庫やガレージの片付け方法2:収納グッズを活用する

倉庫やガレージに棚も何もないと、物の定位置が決まりにくくなってしまい、結果的に雑然としてしまうことがあります。そのため、まずはディスカウントストアや100均ショップ、家具屋などで比較的安価な収納グッズを手に入れるようにしましょう。

可能であれば、横や奥へのスペースを拡げるのではなく、縦を意識することです。メタルラックなどを使うことで、縦に収納スペースが出来るので、スペースを殺さずに大きく収納できます

100均ショップでは、比較的大きめなコンテナも売っているため、それらコンテナを使うことでスマートな収納ができます。ラベルを張っておくなどして、何が保管されているのかを一目で判断できるようにするのも非常に整理整頓に役に立ちます。

収納術を本格的に学ぶ

収納術をプロから学ぶことで、倉庫でもガレージでもどこでも理想的な収納が実践できるようになります。ではどこでプロから学べばいいかというと、便利なのが通信講座です。

その道のプロが監修した講座によって、自宅でゆっくりと効率的な収納のイロハを学べます。セミナーだと通うのが面倒ですが、通信講座であれば自宅で好きな時に学べるので、学習が楽に行えます。

しかも自宅の収納を考える場合、通信講座の方が自宅にいる分、すぐにアイデアやテクニックを実践できるため、とても便利です。オススメの講座は諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座」です。

建築会社が母体の通信スクールなので、快適な住まいに関するノウハウを講座に期待できます。

まとめ

倉庫やガレージは物がたまりやすい場所の一つですが、保管されているものを把握し、収納グッズを使いながら分かりやすく収納するならもっとすっきりします。

収納のテクニックを通信で学ぶことも視野に入れながら、快適な住まいを実現しましょう。

収納片付け資格W取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.