収納片付け資格は学生でも取得できる

収納片付け資格は学生でも取得できる

現在学生の人は、毎日の試験勉強や課題に追われているかもしれません。学生の本分は教科書に出てくる様々な知識の暗記や理解です。

それでも、学生のうちからいろいろな生活教育を受けておくのも大切です。学生にオススメの収納片づけ資格についてご紹介します。

学生が収納片づけを学ぶと良い理由

学生といっても小学生から大学院生までいろいろなカテゴリーがありますが、どんな学生にしても、読んで字のごとく学業が大事な要素です。しかし、いずれ社会人として自立するために、生活術を学んでおくのも将来役に立つでしょう

料理や洗濯をしっかりできるようになることで、単なる頭でっかちの社会人ではなく、責任感があり適応力の高い人材になれるでしょう。また収納も大事な分野です。収納力がある人は家だけでなく、職場でも整理整頓ができるようになります

作業に集中できる環境を作ったり、物事を整然と管理できるようにもなるので、やはり学生のうちから学んでおくことは実地訓練になります。

学生でも取得できる収納片づけ

学生でも収納片づけの資格を取得する事は可能です。

例えば日本生活環境支援協会主催の「収納マイスターhttps://www.nihonsupport.org/shiken/syuunou/)」や日本インストラクター協会主催の「整理収納インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syunou/)」などの資格はだれでも自由にチャレンジできる資格であり、かつ比較的取りやすい資格なのでおすすめです。

どちらの資格も在宅受験でOKなので、時間的な制約もなく取得が可能です。

取得するための手順

試験にいきなりチャレンジしてもいいですが、試験に合格するにはそれなりの準備が必要です。まずは収納片づけについてよく勉強しないといけません。

整理整頓は簡単なようでいてアイデアやセンスが問われますし、コツやテクニックも求められます。そのため、しっかりと勉強することは必要です。資格に対応した通信講座などを受講することで、体系的に勉強できます

例えば前述の2つの資格の場合は、諒設計アーキテクトラーニングの「収納マイスターW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/storage/)」が対応講座です。またSARAの「収納上手基本コース/プラチナコースhttps://www.saraschool.net/kataduke/storage/」も同様です。

これらの資格講座を受講してから試験に臨むとスムーズです。

まとめ

学生こそ、収納についてよく学んで実践することは重要です。学業の効率をあげるのは、整理整頓からといっても過言ではありません。

したがって、資格取得を目指して勉強するなどをして、この機会に片づけの基礎や応用を学びましょう。資格に対応した講座も提供されているので、それらを活用しつつ、立派な社会人になる実地訓練をしてみましょう。

収納マイスターW資格取得講座

copyright © 2019 収納片付け資格   All Rights Reserved.